本文へ

応援店舗

焼肉割烹 松阪 銀座店 【焼き肉】

「一番いい物を、いい形で、初めてのスタイルで」。店主の佐々木正喜さんは、19年前そう決意して銀座に出店。都内の一等地を選んだのは、中途半端なことはしないと退路を断つため。安価なイメージだった焼肉に和牛の王者松阪牛を用い「焼肉割烹」と銘打った。

伊賀上野で高校時代を過ごした佐々木さんは、上京してしばらく後に食肉の世界に入る。縁が繋がって赤坂にあった「松阪」から暖簾分けした。一頭一頭手をかけ愛情込めて育てられる松阪牛に、長年食肉を見てきた佐々木さんも惚れ込んだ。

風味を消さぬよう、タレは最低限の味付けのみ。美しいその肉は口に入れると意外にさっぱりしており、噛むうちにふんわりと甘い牛脂の香りと、旨味が広がる。

三重について尋ねると「応援団といっても、応援の必要がないくらい、三重にはいつでも何かしら一番良いものがあるよ」と微笑んだ。

取扱い
三重県産品

松阪牛

住所

東京都中央区銀座5-10-13 東洋精米機ビルB1F

電話番号

03-3572-2055